家族葬ならではの喪主の大変さ

家族葬ならではの喪主の大変さ

家族葬ならではの喪主の大変さ 「小さなお葬式」というフレ-ズで世間に急速に知られるようになったのが、家族葬です。家族とごく親しい人だけで行われる新しい葬儀の形式ですが、一般の葬儀のように弔問客が参列するということがないので、家族は故人とゆっくり別れを惜しむことができるということや、葬儀の費用を抑えられるということで人気を呼んでいます。
家族葬は文字通り故人の家族が話し合って式の進行やどういった内容にするか、などを決めるため喪主は重要な役割を果たすことになります。家族葬という葬儀のスタイルはまだ完全には浸透していないので、弔問の辞退の通知を出すということも忘れてはならないことのひとつです。
喪主は参列できなかった人が後から文句を言うといったトラブルにも対応しなければなりません。ですから家族葬における喪主は、ある意味では通常の葬儀よりも大変で忙しくなるかもしれません。しかし、故人の意向通りの葬儀を無事済ませることができたら、満足感が得られる違いないでしょう。

家族葬では遺族の役割分担も大切

家族葬では遺族の役割分担も大切 家族葬は、遺族と極限られた親族や知人によって行われる非常に規模の小さな葬儀である事から遺族の役割分担も重要視されています。しかし、家族葬は、極限られた人間しか弔問及び参列していないので従来の葬儀の様に弔問客や参列者の接待などに体力を浪費する事が無いだけで無く、葬儀自体が簡略化されているので業者との打ち合わせも簡略で非常に役割が少ない特徴があります。その為、家族葬における遺族の役割分担は重要視されているものの従来の葬儀に比べて非常にやるべき事は非常に少なく、遺族の個々がやるべき事をしっかりとやり遂げる事でトラブル無くスムーズに葬儀が終了します。
従来の葬儀では、故人を偲ぶ時間も取れないほど喪主や喪主の奥さんの負担が非常に大きくなりますが、家族葬では喪主や喪主の妻がやるべき事も他の親族が肩代わりする事もでき、遺族と極限られた親族と知人が協力しながら故人の冥福をしっかりと祈ることが出来るゆとりのある葬儀形態です。

新着情報

◎2018/7/25

家族葬ならではの喪主の大変さ
の情報を更新しました。

◎2018/5/21

一周忌も家族で行いたい
の情報を更新しました。

◎2018/4/27

サイト公開しました

「葬式 喪主」
に関連するツイート
Twitter

【「この人が喪主をやってて大丈夫かな?」と思ったお葬式での出来事】喪主から開催地の住所だけを教えてもらっていて、行ってみたらそこはピンクサロンだった。だまされた☆(sekken)

うちの田舎の方、「男だけで〜」とかってのすごい好きな親戚いて葬式とかやるとクッソめんどくさい 喪主の娘が喪主から言われてんのにおう!せっかくだから男だけでやるぞ!とかわけわかんねえこと言って追い出された娘

Twitter夢じゃないぞマチコ@Villons_wife

返信 リツイート 昨日 22:03

かわいい鬼嫁ちゃん : 【悲惨】兄貴がいきなりいなくなって義姉が喪主として葬式した時、普段の様子からは考えられないぐらい平然としてたんだが。 kawaiioniyome.net/archives/14243…

Twitterかわいい鬼嫁ちゃん@kawaiioniyome

返信 リツイート 昨日 21:35

山「まさか犬と葬式されるとは…」万「では次は拙者が喪主を務めよう」山「次?俺またお前に刺されんの?」

返信先:@syoppeee 言葉悪いけど、こっちが行きたくないというか、行こうか迷うような付き合いの人の葬式とか通夜なんかは、向こうも来られても困るような感じがほとんどだと思う。 喪主からしたら気遣う相手は少ない方がいいし、余裕ないし 香典包んでるなら尚更

Twitter鷹見ヒロ@3日目東タ52a@discobullet

返信 リツイート 昨日 14:24

嫁の葬式の夢を見た。喪主である私が嫁の遺書らしきものを挨拶で読んでいた。夢の私は泣き崩れんばかりに、それを読み続けていた。 これは自殺した嫁からのメッセージだったのかな?もうすぐ本命日。だから夢の中に現れたのかな? #自死 #嫁自殺

この人の葬式喪主をやっても良い、じゃなくて、やりたいと思えるかどうかですよ。 知らんけど。

『「喪主」とかいう、親が死んだら通らなければいけない関門』 otonaya.blog.jp/archives/14392… #2ch #葬式

Twitterオトコの悩みまとめ@otoko_nayami

返信 リツイート 昨日 7:30

自分の葬式はもう簡略化してテキトーに片付けて欲しいが、父と母世代はまだ家族葬で納得してもらえない気がする☹️💦親戚とかどーすんねーんwwwこゆときだけは世間体があるから喪主は長男だし49日もどこまで呼ぶのかとか色々忙しいのよね!ジッジとかバッバの時は両親バタバタしてたもんなぁ。

母は「宗近と小狐みたいな子供のママになれたし、満足」と概ね自分の人生に文句はないようだ。 祖父の葬式には九十まで生きた人の葬式とは思えないくらいの参列者がいた。中には国会議員や共産党の副代表などもいて、喪主の祖母に渡してきた名刺を見て一般人の父は隣に座る宗近と小狐に目配せをした。