初心者のための家族葬情報サイト

町内会への「家族葬の連絡」

町内会への「家族葬の連絡」 人が死んでしまったとき、葬儀のお世話を町内会で行うところも少なくはありません。
従来なら町内会でお世話をするところでは、家族が亡くなった時に町内の代表者かあるいは隣家に死んだことを告げて、葬儀のお世話を依頼する手はずになるのですが、家族葬で葬儀を行う場合家族や親族だけでの葬儀になりますので、町内のお世話はいらないことになります。
ですが地方部ではまだ、家族葬というものがどんな内容の葬儀なのか承知していない人もいますので、喪主が町内の代表あるいは隣家などにあいさつに行くときに、葬儀は身内だけで執り行うこと、お世話は必要がない旨をしっかりと伝える必要が出てきます。
町内で初めて家族葬を行うという人はまた大変です。
それが前例になってしまうからです。
家族でスケジュールに追われることなく、ゆったりとした時間の中で故人を見送ってあげたいと考えているのなら、町内の人であっても会葬を辞退する旨をしっかりと伝えるようにしてください。

隣人への「家族葬の連絡」

隣人への「家族葬の連絡」 故人や遺族の意向によって、葬儀を家族葬で行う人が増えています。
家族葬で行う場合は、参列者が家族や親戚、親しい友人などに限られることになり、アットホームな葬儀をすることができます。
ただ葬儀を行うときは隣人への連絡が必要になります。
今後のご近所との付き合いも考えて、葬儀を行う旨を知らせておくほうが良いと考えるからです。
そこで隣人に知らせるときは、葬儀を行いますが近親者のみで家族葬で行いますという連絡をしておけば、相手が事情をくみ取って参列を控えてくれるでしょう。
すでに家族葬という言葉は浸透していますから、参列や香典は辞退したほうが良いのだろうと考えてくれるからです。
しかし高齢者を中心に、まだ理解されていない人も少なくありません。
そんな時は家族や親族だけで葬儀を行いますので参列は結構ですという一言を回覧板などで回すことをおすすめします。
参列辞退をお願いするという記載をしておけば、それで十分だといえます。

新着情報

◎2018/5/21

一周忌も家族で行いたい
の情報を更新しました。

◎2018/4/27

サイト公開しました

「葬儀 隣人」
に関連するツイート
Twitter